Pocket

角南 淳 さん
期間: 2013年4月~11月頃

「インターン期間中は、どのような業務に携わりましたか?」

某飲食メディアの販促営業に関わらせていただきました。

「どのような動機でインターンに参加されましたか?」

文系の学生のほとんどが営業職に就く可能性が高い中、営業というイメージだけで就活をするのは勿体無い。
一度本格的な”営業”というものを体験したいと考えインターンに応募しました。

「身につけることができた、またその後に役に立ったと感じる経験について教えてください。」

物怖じしない営業、心が折れても数を打ち一件でも契約を取る重要性、行動力や交渉力などは、カホンのインターンがあったからこそだと思っています。
その後の挑戦や異国の地で営業をした際に日本の営業と比較できたこと、とにかく行動してみようと思えるようになったことは、今でも非常に役立っています。
「インターン中に経験した辛かった思い出、楽しかった思い出、嬉しかった思い出などあれば教えてください。」
周りのインターン生が契約を取って行く中、思うように契約が取れず悔しい思いを味わいました。
誰にも期待されていないと感じたり、「自分は何もできていない」と劣等感に苛まれたりする時期もありました。
しかし先輩方の厳しくも優しい指導のおかげで自分の中のプライドが邪魔していたことに気がつき、それからは契約を取れている後輩にどのように営業を行っているのか聞き、自分のやり方のどこを改善すればいいのか確認してもらうようになりました。
努力の甲斐があり、初めて契約を取れた時には喜びのあまり思わず声を上げてしまったのを今でも覚えています。
カホンでお世話になったのは8ヶ月程と短い期間でしたが最高に燃えて成長できる環境でした!

「現在はどのようなお仕事をされていますか?」

現在は台湾にて外国硬貨の両替ビジネスを行なっています。
台湾や日本は外国人が旅行をする際多くの小銭が生まれます。
その小銭は多くの人が自分の国に持ち帰り、銀行でも両替できず放置されています。
そのような使えない硬化を使える電子マネー、ポイントに換えよう!と奮闘しているところです。

「これからカホンのインターンに参加してみたいと思う方に向けてメッセージをお願いします!」

カホンのインターンは刺激的で自分の人生に大きな影響を与えてくれます。
営業を知りたい、周りの学生と差をつけたい、自分の実力を試してみたい。と思われる方には非常にオススメします!
挫折することもあるかもしれません。
ただ目の前の仕事に真摯に向き合えば、多くの経験とチャンスを得ることができます。
こんなにインターン生に手厚い会社は他に知りません。