木村 百菜 - 株式会社cajon 採用サイト

営業部 福岡G マネージャー

木村 百菜

Momona Kimura

2019年5月入社

INTERVIEW

社員インタビュー
interview

「木村1人の力では全国のお客様を幸せにすることはできない。」
その言葉がマネージャーになろうと思ったきっかけでした。

【自己紹介をお願いします。】
入社3年目、福岡のマネージャーです。
マネージャーになる前は大阪、横浜でも勤務経験があります。
今はマネージャーとして低迷している福岡の業績を早期回復させるために福岡のマネージャーとして奮闘しています。
あとは、私自身営業をやっている期間が長かったので「カホンの営業って楽しいんだよ!」
と福岡のメンバーに伝えることが個人的なミッションだと思って取り組んでいます。


【なぜ転職をしようと思ったのですか?】
前職が銀行員だったのですが、その時から「営業がしたい」という思いがずっとありました。
銀行でも営業職は勿論あるのですが、何年か働かないと融資の方に行くことができず、配属先の支店が大きかったこともあり「営業は男性が行く」みたいな風潮があって、自分が営業に挑戦できる可能性は低いのかなと感じ、転職を決意しました。

【Cajonに入社を決めた理由は何ですか?】
すぐに飛び込み営業に行ってきていいよって言われたことです。(笑)
今まで営業がやりたくても出来なかったので、カホンならやりたいことがすぐできそうと思いました。
あとは面接や営業メンバーの座談会を見て、雰囲気が良くて、楽しそうに働いている人が多いなと感じました。前職で長年働いている人は、知識や経験はあるけれど、ただ業務をこなしているって感じの人が多くて、仕事よりもプライベートを充実させていて「仕事が楽しい」という雰囲気をあまり感じたことがなかったんですよね。

【マネージャーになりたいと思っていましたか?】
正直、自分がマネージャーになるイメージが全然つかなかったので、
話をいただいた時「マネージャーになることはそんなに考えてないです」って答えてました。

【なぜ気持ちが変わったのですか?】
代表の中福さんから「木村が幸せにできる顧客様はMAX30だよね。
でも、それをカホンみんなができるようになると100も200も300もって感じで、今よりも沢山のサロン様をHappyにできるよ」と言われたことがきっかけでした。

ある程度私も新規開拓が上手くいっていて、顧客様の数も増えていろんなサロン様の集客を実現出来ていました。
自分の中でも「全国のサロン様を幸せにできる!」と仕事全体の感触が掴めてきた頃だったのですが、中福さんの言う通り1人で頑張っていてもその夢を実現することはできないじゃないですか。
私だけではなく、みんなができるようになったら、全国のサロン様を幸せにでるんだなと
そこで決心がつきました。

【仕事をする上で大事にしていることはありますか。】
全力でやることです。とにかく何でもやり切る。
やりきったら、成功するか、失敗するかどちらかだと思うので、中途半端にやるのはやっていないことと同じだと思っています。

【どんな人がCajonに会っていると思いますか?】
カホンっていろんな人がいますよね。そこが良いところでもあると思います。
全員の共通点は「前向きであること」「向上心があること」「仕事が好きなこと」
カホンのみんなは絶対仕事を頑張ります。だから自分も頑張れるし、頑張らなきゃと思える。
頑張る当たり前直が高いです。なので、頑張って自分を変えたい人とかはいいんじゃないですかね。思い切って環境を変えてみる。カホンだったら頑張れる人間になれると思います。

RECRUIT

採用情報