INTERVIEW

営業メンバーに業務内容やリアルな日常を聞いてみました。

鳥谷 佳穂

【カホンに入社してみてどうですか?】
カホンに来てから、ジェットコースターみたいで、ほんと毎日が面白い。
毎日お客様に会う中で、アポイントメントがうまくとれないとか、提案した企画がイケてないとか、悔しい場面はたくさんあるけど、
なんか、夢中になっているんですよ。
これまで、こんな夢中になっていることはなかったかな?って感じています。

【どうして、そんなに夢中なれるんだと思う?】
それは、責任感です。心地よい?かもな緊張感に。
自分が動かないと始まらない。
ちょっと辛くても頑張った分は、お客様の笑顔や、営業数字、
あと自分のアイディアを一から企画書に仕上げて提案を受け入れて戴けることもある。
目に見える形で自分の努力が現れて、私の承認欲求も満たされる機会があります。

【目に見えると、気持ちいい?】
すごく気持ちいいです。自分が少しずつでも成長している、チームに貢献できていると、お腹の中から思えます。昨日より今日、今日より明日って、成長するってこんな感じなのかな?と、自分で目に見えて感じ始めています。

【入社のきっかけは?】
大学3年生後期の頃、最初は仙台でインターンシップをしようと思っていました。
将来について考えているうちにいろんな葛藤が生まれてきて、
そんな時、カホンのインターン募集を見つけて「面白そう」と気がついたら東京に来ちゃってました(笑)

正社員になる前に3日間インターンを体験させてもらったのですが、
夢中で、あっという間に3日が過ぎていました。
何もかもが新鮮で、3日目のインターンシップ終了後に、
代表 中福との面談で
「この3日間で、君が頑張れる姿は見て来た。」
君が『自分で考え、決めて、行動する、そんな風に覚悟できるならば、正社員になるっ?適性検査の結果では、いけそうと出ていたよ』と、提案してもらって。

なんか、認められたし、拾われた感じがして。
絶対に貢献したいって、瞬時に感じました。

【辛いこともあると思うけど、そんな時はどうやって乗り越えている?】
無理や我慢は、やはりしたくない。
そういう時は、今まで逃げていた自分が居ました。
でも、今回は自分で決めたと思えたんですよね。
そしたら、自分が傷つかないためのこれまでのやり方じゃダメだって、
やり方を変えてみました。

習慣にしちゃえばいいんです。嫌なことは。
歯を磨くこととか、顔を洗うとか、お風呂に入るとか。
嫌いとか好きとかじゃなくて、当たり前にやることにしちゃって、
そう自分で決めれば、継続出来るのだと。
カホンの仲間と一緒に過ごす事で、理解できちゃったんです。

【今後はどうなって行きたいですか?】
以前お世話になった方から言われた「今が最高に楽しいと感じている大人になれ」
そのことを実現したいです。
心からなりたいな、と。
そんな先輩や仲間が居てくれるカホンで
自分の居場所を拡大したいと思っています。


採用までの流れ

応募から入社までの流れをご説明します。

応募

ご興味を持っていただきありがとうございます!
「まずは話を聞いてみたい」という気持ちでも大丈夫です。
お気軽にご応募ください。


面接・オフィス見学

履歴書、職務経歴書を持参の上、オフィスへお越しください。